Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
LastestEntry
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
完結!
「初代代表と過ごした時間、4年間」
彼女に出会えたのは奇跡だと思う。

「吹奏楽部と過ごした時間、3年半」
短かったのか長かったのか。
でも、確実に濃かった。

「フルートパートに関わった人、延べ14人」
吹奏楽部員として、助っ人さんとして、
こんなにも多くの人がFlパートを支えてくれました。

「初めてフルートを吹いた日、10月13日」
あれから3年と2ヶ月。
少しは成長できたかな。

「初めて演奏会に出た日、11月24日」
緊張した。
この時点で出た音域は、低音域G〜B♭、中音域、高音域C♯

「初めて演奏会でソロを吹いた日、1月15日」
ごめんと思いながら吹かせてもらったセンチュリアのソロ。

「最後に演奏会に出た日、12月20日」
一編にこんなに多くの曲を吹いたのも、
18小節ものソロを吹かせてもらったのも初めて。
自分なりにちゃんと完全燃焼したくって、
もう後悔は絶対にしたくなくて、
やれることは全部やった。
久しぶりに泣いた。
前日のリハでは悔しさで。
本番後は嬉しさで。
そして分かったこと、成せば成る。
簡単な言葉だけど、感じるには成さなければならない。
それが感じられたことが私の財産になったと思う。

そして、本当の本当に最後になりました。
正直まだ空に浮いた感情を掴めずにいるけど。
きっともっとずっとずっと時間が経って、
状況が全て変わってしまった時、
この日のことを思い出したら、
その時初めて「そっかぁ」って噛み締めるんだろうな。

感想はいっぱいあるんです。
寂しいとか、残念とか、そういう色んな感情も。
だけど、それ以上に、まだ何か出来そうな感じがしてならない。
もうないのに変に期待してしまうんです。
だから、卒業して、社会に出て、そして初めて気づくんだと思います。
今この時がすごくすごく特別だったってこと。
それまではもうちょっと夢の中にいついてやろうと思います。

最後になっちゃったけど、吹奏楽部のメンバー全員に感謝しています。
みんなが吹奏楽部をとても大事に思ってくれてて、
だからこんなにいい雰囲気の中で毎日が過ごせました。
本当に本当にあなたたちに出会えた私は幸せ者です。
この思い出は、大切な大切な「たからもの」です。
いつまでもいつまでもずっとずっと覚え続けて行きます。

ありがとう。
| 吹奏楽 | comments(2) |
| 1/31 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex